「メニュー」カテゴリーアーカイブ

ナースの職場の人間関係

最近は男性の看護師も見られるようになりましたが、やはりナースという仕事は今でも『女性社会』という現状です。
広い年齢に需要がある職種なので、現場には様々な年代の女性が集まります。
そこで人間関係を円滑に保つためには、様々なタイプと接する事ができるコミュニケーションの柔軟性が求められるようです。
これは、看護の仕事自体にも非常に役立ちます。
病院には沢山の患者が訪れ、その患者と一番近い距離で接さなければならないのはナースなのです。
どんな人とも上手く関係を築くことが出来る能力が、職場の人間関係にも患者との信頼にも大きく繋がるのです。
そのためにも、看護に関わることだけではなく、色んな事への見聞を広めていくことをお勧めします。
若い頃に培っていく知識と経験は、きっと人間関係を良くするための潤滑剤になっていくことでしょう。

ナースの未公開求人とは

ナースの仕事の業務内容は、患者さんの命と向き合うこともあるため、常に重い責任があります。
さらに、患者さん本人や患者さんの家族、同僚の看護師や先輩看護師、医師らとの対人関係にも神経を使います。また、その仕事内容も感染の危険もある血液や汚物の処理なども含まれ、気を抜くことが許されません。

勤務先によっては、夜勤もあり、不規則な生活を強いられます。
なので条件が合わないと感じると転職する人も少なくありません。
ナースは経験があればどこでも働けると言うのが利点です。
より良い条件を探すには公開されている求人よりも未公開求人が良いと言われています。
では、未公開求人はどこで探せばいいのでしょうか?
未公開求人は、転職支援サイトなどが主に取り扱っています。
転職支援サイトが信頼できる人材を紹介してくれますので、採用する病院側としては、手間をかけず優秀な人材を雇用することができ、双方にとって利点と言えます。

転職を早く決める要因

いざ、転職のための活動をしたときに、転職を速く決めれる人もいれば、なかなか決まらない人もいます。
それらの違いはどこにあるかと言うと、たいていの人は学歴や職歴、資格やスキルと言った点を上げます。
確かに学歴にしても、資格やスキルにしても高いに越したことはありません。
おそらく、統計を取ると、当然そうした高い能力のある人ほど就職が決まりやすいはずです。
しかし、転職を成功させるもう一つの要因があります。
それは転職活動の積極性です。
人より早く求人を見つけ、いの一番に応募する。
そして面接の場でも自分を積極的にアピールする。
これこそが、転職成功のための一方の要因です。
いくら能力があっても積極性がない人はなかなか就職が決まらないと言われます。

求人・転職サイトの魅力

転職を考えた場合、新しい職場は、ハローワーク、求人情報誌、折り込み広告、知人の紹介など、様々な方法で探すことができます。
そのなかで、最も多くの人に活用されているのが、インターネットの求人・転職サイトで探す方法です。
インターネットの求人・転職サイトは、地域や条件から検索できるだけでなく、様々な職種から検索することができるため、資格を取得したなど、これまでとは異なる職業への転職を考えた場合にも役に立ちます。
これまでとは異なる職業への転職は、「未経験OK」の条件から検索する他、サイトによっては、取得した資格名から求人情報を見ることができます。
希望に合う求人が更新される度に届く「メールマガジン」を登録できるサイトもあります。

ナースの有給消化事情

あなたは有給休暇を職場任せにしていませんか?
意外と自分自身の有給消化について無頓着な人が多く、そのような人は職場に良いように使われている可能性があるので一度有給についての知識を入れておくことも大切です。
有給休暇とは、正社員だけでなくパートなども条件を満たせば取得出来る労働基準法で定められた休暇の事を言います。
ただ看護師のような不規則な勤務の職場では暇な時期に有給が勝手に消化されている場合がありますので、あまり知識がない人は一度担当の人に聞いてみるのも良いかも知れません。
転職サイトの謳い文句で、「有給消化率〇〇%!」と書かれる程、有給は重要な事であり、それに不満を持ち転職を考える人もいます。
いずれにしろ有給休暇は、自分自身の権利であると言う事を覚えておく必要がありますね。

ナースの職場のいじめ問題

最近ニュースなどで多く聞かれるのがいじめ問題。
これは大人の世界にも形は少し違うものの存在します。
職場でもそれぞれの派閥があったり、人間関係的な問題は多々あります。
看護師の仕事でも同様の事が言えます。
看護師間でのいじめで言うと、精神的な事が多くひやかしやからかい、無視などの子供でもありそうないじめがあったりするそうです。
ただこのような事で業務に支障が出る場合があると当事者だけでなく、患者に迷惑が生じる可能性もありますので、個人間の問題ではなくなります。
いじめる側の心理としては、疲れている腹いせや自身のストレスのはけ口にしている場合もあります。
経験不足の看護師がターゲットになるわけではなく、ベテランであってもターゲットになる可能性は大いにあったりします。

ナースの転職 失敗談

転職率が高いことでも知られる看護師のお仕事ですが、希望を抱いて転職したにも関わらず、残念ながら失敗に終わることもあります。
失敗談として最も多いのが、年収アップを狙って転職したら、勤務時間も内容も以前の倍ぐらいハードになって体を壊してしまった、というもの。
お給料がいい=仕事が大変という方程式はどの世界も同じですね。
また、スキルアップを志して転職したら、レベルが高すぎてついていけなかったという声も。
転職先の職場の人間関係や雰囲気が悪かったという失敗談もありました。
仕事しながら転職先を探す場合は、転職支援サービスを利用するなどするのがおすすめ。
求人をだしている職場の細かな情報を得られるので、これらの失敗を回避することができます。

准看護師から正看護師へステップアップ

病院で働く看護師には、実は2種類の人がいます。
准看護師と正看護師。
一般の人にとってはまったく区別がつかないこの2つですが、正看護師の方が准看護師よりも扱える仕事の範囲が広いため、いろいろな面で差がついてしまいます。
正看護師は、准看護師に比べ就職、給与において圧倒的に有利。
そして近年の医療技術の急激な発達に伴い、准看護師の免許ではもはや仕事についていけない場面も出てきています。
すでに准看護師として仕事をしている人は、看護師として3年間の実務経験を積めば正看護師の国家試験を受験することができます。
働きながら国家試験合格を目指すなら、独学よりも学校で勉強した方が効率的。
仕事と勉強の両立は大変ですが、正看護師は一念発起する価値のある資格です。

転職サイト「看護のお仕事」

看護師さんが転職する場合は、ハローワークで探すとか、専門の派遣会社に登録してお仕事を紹介してもらうというやり方があります。
なかには、転職の祝い金が出る、ネット人材サービスがあります。
それが、「看護のお仕事」です。
あなたの担当のコーディネーターが、あなたの希望を聞いて、ぴったりあう職場を探してくれます。
地域の情報もたくさん知っているので、なかには不動産の情報を相談される方もいるそうです。
スーパーや学校に近い、あるいは公園が近いというような便利がいいところに引っ越しをしたいですからね。
お子様のために自然環境がいいところも選べます。
結婚されている方で、夫の転勤が決まっている方は県外の情報を手に入れるのにも役立ちます。

夜勤看護師の仕事内容

看護師の仕事はハードだと言われる理由の1つが「夜間勤務」の存在のせい。
ここでは夜勤の看護師がどんな仕事をしているか見てみましょう。
どんな時間帯を受け持つ看護師でも一番大切なのが「申し送り」。
その日の業務を引き継ぐ人に、患者さんの状態や留意すべきことを確実に伝えます。
夜勤看護師はまず日勤看護師から引き継ぎを受け、業務に入ります。
夜中の主な勤務は定期巡回。
点滴交換や体位交換を行います。
そして明け方は注射や朝食の準備。
患者さんが寝ている時間帯とはいえ、夜勤は日勤と同じだけの体力的負担を強いられます。
もちろん夜勤手当はきちんと出されますが、夜勤を詰めて体を壊す看護師さんもいるほどで、看護師の仕事はキツイと言われる原因にもなっています。