ウィッグの捨て方・処分方法[ウィッグが激安なお店を教えます]

手軽におしゃれを楽しめるアイテムの代表格ともいえるウィッグですが、使用しなくなった、新しいデザインのウィッグを手に入れたらから古いのはいらない。などという場合もあるかと思います。その時どうやって処分したらいいのだろう。などという質問がありましたのでご紹介いたします。【基本的には各自治体の指示に従ってください】元も子もない説明ですが各自治体の指示に従っていただいて処分する方法が一番間違いなく処分することができます。全国でゴミの分別ルールがあるので一概にこの方法で処分する方法とお伝えするのは難しいのですが、人工毛のウィッグに関してはポリエステル系素材になりますのでプラスチック扱いになるような場合もあるようですが、燃えるごみとして出して大丈夫な地域が多いようです。人毛のウィッグに関しましては燃えるごみで大丈夫です。【でもゴミ袋に直接ウィッグを捨てるのは】ゴミ袋に直接ウィッグを入れて捨てるのは勇気がない。近所の人に見られたら…などと不安がある方は、ロングウィッグでしたらある程度ハサミを入れて、髪の毛のように捨ててしまうのも手です。燃えるごみで出せる自治体の場合ですと、新聞紙などに包んで捨てるというのも一つの手段です。デリケートな物だけにあまり見られたくないという方は新聞紙に包む方法や、フリーペーパーの間に包んで捨ててしまうというのは有効な手段かもしれません。【燃えないごみだったけどばれないようにしたい】燃えないゴミと分類される自治体だけどなんとかばれないように捨てたいという場合は、同じく石油系素材のフリースなどが同一で燃えないゴミに分類されているかと思います。そのような場合はフリースなどで包んで捨てる。色のついたレジ袋に入れて捨てるなどの方法で対応が取れると思います。愛用していたものだけにゴミとして処分するのはなかなか勇気がいる。なかなか難しい。という方も相談で多く受けますが、ある程度の期間着用しなかったウィッグに関してはもう着用することはないかと思います。潔く捨てるのも勇気です。ウィッグは保管が何よりも大切なので、沢山のウィッグを保管するためにはコンパクトに収納しなければならないのでどうしても癖が付きやすくなってしまったり、保管状況が悪くて使おうと思った時には使えない状態になってしまったりと何かと悩みは尽きないものだと思います。そうならないためにもやはり半年以上着用していないウィッグはこの先着用することもないかと思いますので、思い切って処分してしまいましょう。コンパクトな状態で半年間保存しているものは大体使い物にならないケースがご相談例としては多いケースがあります。完全に折れ癖がついてもとに戻せない。どんな手段を使っても絡まりがほどけなくなっていたり、最悪のケースは最後の着用からお手入れをしていなくて、匂いがついてしまったりとなかなか元の状態に戻すことが難しいことが多いのでそのような場合には迷いなく捨ててしまったほうが良いです。

ウィッグを美容院で染めても良いの?[ウィッグが激安なお店を教えます]

気軽におしゃれを楽しめるウィッグですが、色が飽きたな…。もっとこんな色だったらいいのに…と思う方は多いでしょう。色々なカラーは出てるけど自分の髪の色となじまないからウィッグだとすぐばれてしまう…どうにかしたい。そんな悩みを持つ方もいること多いです。【人毛ウィッグは染めても良い】人毛100%のウィッグは染めても何ら問題はありません。自宅でのカラーリングも可能です。白髪染めでも比較的に簡単に染まります。ですが気を付けなければならない問題が発生します。自分の毛と同様染められますが、ウィッグの劣化が早くなります。染めれば染めるほど痛んで劣化してしまいます。ブリーチした場合などは顕著に表れます。ゴム毛と呼ばれる濡れたときに引っ張ると伸びるという現象が起こりやすくなります。ダメージがひどいのでできればカラーリングは一発で決めてしまったほうが良いでしょう。【化繊ファイバーと呼ばれる場合はNG】化繊や人工と書かれているものの場合はNGです。基本的に繊維を染めた状態で出荷されていることと人毛に比べて、ダメージにとても弱いです。ですから、カラーリングはほぼ100%できないと考えて間違いありません。確かにブリーチなどで脱色できないことはないですが、毛全体が縮れてしまうなど、カラーリング液やブリーチ剤によって人工毛の痛みがひどく劣化しとても使い物にならない状態になることを覚悟して自己責任で行っていただいたほうが良いでしょう。また美容室などでは材質確認し無理とお断りされるでしょう。もしくは自己責任なので染めるは染めますがその後は責任はとれませんと言われるかも知れません。【人毛MIXって書いてあったけど…どっち?】最近比較的多く見かけるようになってきた人毛MIX表記ですが、カラーリングに関してはどちらとも言い難い現状ですが、大半の店舗では人毛と同様の扱いとなっており、カラーリングできますとうたわれてる場合が多い現状です。但しですが、人毛MIXと書いてある場合は化繊ファイバーも含まれているということになりますので、ダメージが大きいので複数回にわたるカラーリングは避けたほうが良いのは必須です。人毛100%でもかなりのダメージがありウィッグ自体の寿命を縮めてしまう行為だと理解したうえで行ったほうが良いでしょう。【素材がわからない…】そのような場合は販売店に確認して染色ができるか確認しましょう。販売店でもわからないと言われた場合は、できないと思ったほうが間違いないかもしれません。ウィッグは様々な場面で便利でおしゃれなアイテム。長持ちさせるためにも利点と弱点をしっかり理解したうえで利用したいですね。

ハネたウィッグの治し方[ウィッグが激安なお店を教えます]

久しぶりに収納していたウィッグを出したら全体的にハネてる。はねてる部分をカットしてほかのデザインとして使用できるほど長いウィッグじゃないし…などとお悩みの方は多いはず、耐熱ウィッグの場合と耐熱ではないウィッグだった場合の方法をご紹介したいと思います。最近では大体売られているものは耐熱ですが、非耐熱性だった場合最悪火災などに発展する恐れもあるので、お持ちのウィッグがどちらに適用になるか調べてから適用になるほうをお試しいただければと思います。 【耐熱ウィッグ人工毛の場合】ヘアアイロンで160度位に調節し伸ばします。人工毛ウィッグのウィッグは熱が抜けるときに癖がつくという特性がありますので、伸ばした直後に乾いたタオルなどの上に伸ばした状態をキープしたままで、ドライヤーの冷風で粗熱を飛ばします。いっぺんには癖を取る作業はできないので複数回に分けて同じ動作を繰り返して、全体のハネた部分を直していきます。【耐熱ウィッグ人毛の場合】こちらもヘアアイロンで160度程度に調節し伸ばします。人毛ウィッグは人の髪と同様に熱が入るときに癖がつくので、ヘアアイロンでゆっくりゆっくり伸ばしていきます。ダメージを減らすために霧吹きを使うとよりいいというアドバイスもあります。この時熱が入るときというのがポイントなので、霧吹きを使っている場合は温度が下がってしまうので温度が上がるまで待ちながらゆっくり作業することがポイントになります。【非耐熱ウィッグ人工毛の場合】非耐熱ウィッグの場合だとドライヤーやヘアアイロンなどをしようすると、最悪火災に発展してしまう場合があるので、注意しながら作業を進めてください。洗面器に水またはぬるま湯をはり、シャンプーを適量混ぜ泡立てます。その中にウィッグを入れ軽く揉み洗いをします。その後、また洗面器の水を入れ替えて、リンスやコンディショナーか柔軟剤を洗面器の中に適量いれ、撹拌します。タオルで余計な水分を取ります。水分が抜けきらないうちに衣類のアイロンの低温(80度以下)をタオルの上からかけます。すると直毛になります。この方法でハネているのが収まらない場合、タオルで余計な水分を取ったのち、ドライヤーを弱めにかけます。熱が抜けないうちに平らな場所で保冷剤なければペットボトルを冷凍したものなど急激に冷やします。そうすると直毛になりますが、ウィッグへのダメージは相当なので一回限りの裏ワザだと思ったほうがいいかもしれません。人工毛の持っている特性をフル活用した裏ワザになりますが、時と場合によっては縮れてしまったりして使用不可能になることもあります。出来る限りハネさせたり、癖がつかないように保存するのが一番ですが、人工毛や人毛それぞれのウィッグの特性に合わせたお手入れ方法で割ときちんと治りますが、問題なのは一度とってしまったカールを戻すことはできないということです。ストレートが折れて癖がついたなどは治しやすいのですが、カールを再度巻くことは難しいのでカールのデザインやウェーブのデザインなんかは癖をつけないように大事に保管することも必要かもしれません。

ウィッグをカットする方法[ウィッグが激安なお店を教えます]

ウィッグを購入したけど想像していたより長かった。少しカットして使いたいなどと思われる方も多いはずです。ウィッグに対応してくれるヘアサロンで切ってもらうのも少し気が引けるしなんとか自分で切りたい。と思われている方に自分でウィッグをカットするコツをお伝えいたします。【基本はヘアサロンで切ってもらうのと一緒】ウィッグを出来ればウィッグスタンドやヘッドマネキンなどにかけてやる方法が一番スムーズにできます。可能な限りそのほうが切れますが、そんなものは持っていないけど切りたいという方はウィッグの形が崩れないように新聞紙をくしゃくしゃに丸めてガムテープで固定した物をテーブルなどに固定するといいです。基本はヘアサロンで切ってもらうのと一緒です。襟足側から切っていくのが基本です。襟足側のから慎重にブラッシングして、襟足内側部分の毛だけを引き出して後の髪の毛はヘアクリップなどで後頭部部分にまとめておきましょう。【まっすぐ切れない】ヘアクリップで襟足部分内側だけ引き出したけれど…まっすぐ切れない場合はどうしたらよいですかと質問をよく受けます。この場合ですが、切りたい長さをあらかじめ決めておきます。毛先から5センチと決めたら毛先から下から5センチのところにセロハンテープやガムテープをウィッグの上に一直線にはります。この時点でやり直しがきかなくなるので慎重にサイズは決めなくてはいけません。一直線にはったガムテープやセロハンテープに合わせてあとはハサミでちょきちょきと切ります。【上へ上へ】襟足部分から徐々にスタートし後頭部方向に徐々に毛を引き出して同じ動作を繰り返します。ハサミの動きが鈍い、思うように切れないという方は一度に切ろうとしている量が多すぎる可能性があるので少し少な目にしたほうがいいかもしれません。【耳の横サイドを切ります】次は耳の横のサイズを整えます。同様に前髪はヘアクリップなどで間違って切らない位置頭頂部あたりに束ねておくと作業がスムーズにできます。これも同様にガムテープやセロハンテープを毛先から計算して貼ってまっすぐ切ると楽に切れます。最後は前髪を下して切れば完成です。簡単に説明しましたが、この方法はパッツンで切る場合に関してになります。少しずつ毛束を作るときに毛の引き出し方を間違えるとガタガタになってしまいますし、慣れないうちは少しずつ試しながら襟足側(内側)の目立たない部分から始めたほうが失敗しても目立ちにくくなります。カットするのは普通に美容師さんが切るよりも時間がかかってしまいますが、ウィッグを持って行って切ってもらうのはちょっとという方に是非試していただきたいです。若干ハサミを斜めに左右と交互にいれていくことでよりパッツンではなく自然な切り方もできますが、はさみの入れる角度でガタガタに見えてしまうことも多くありますので、一番最初は本当に間違えても見えにくい内側から行っていくことをおススメします。

学校やバイトでも使える黒髪ウィッグの選び方[ウィッグが激安なお店を教えます]

夏休み中に激しく色を染めすぎた、バイト先の色が黒髪じゃないとダメなんだよなーという高校生が地毛は黒にするのは嫌だから、なんとかウィッグでフォローできないでしょうか?などという相談を受けたり致します。いろいろ聞いていた結果、なんとなく必要としているウィッグがわかってきましたので購入のポイントをお知らせいたします。【学校でもバイトでも】ウィッグサイトで売られているウィッグのほとんどの黒の髪質というのは日本人がもともと持っている色よりもかなり暗い色で作られていることがほとんどで自然に見えないことが多いです。そんな方にお勧めしたいのがワンカラー明るくしたダークブラウンなどの色です。ダークブラウンですと今の日本人女性ほとんどの髪の色をフォローできる色とも言えます。あとは学校やバイトで使うための無難なデザインを選べば大丈夫だと思います。【特に学校では】特に学校ではあまりウィッグだとばれたくはないはずです。少し高級にはなってしまいますが、前髪の分け目をつけられるウィッグというものが売られていますので、色はダークブラウン系でそのウイッグを試してみるのもいいかもしれません。【バイトでも学校でも無難に真っ黒じゃないとダメ】そういう場合ですが、どうしても真っ黒は頭が重たくなってしまいますので、自分の輪郭に合わせたヘアデザインをチョイスすることで少し重みを解消できるようになるかと思います。バイト先がかなり厳しいのでという場合に関してはフルウィッグの黒を着用するには他はありませんが、黒は黒でも少しナチュラルブラウンな黒ウィッグもありますので、そこはいろいろなサイトを比較して今の自分に必要な色を探していく方がいいでしょう。【バイトの面接だけターンカラーは使いたくない】そのような場合、黒のボブなどのウィッグで一度ごまかしてしまい面接などに参加してしまいましょう。あまりウィッグであることを気がつかさせないほどのナチュラルさを演出してしまえばこちらのものですので、その後は採用が決まったら素直にターンカラーなどで戻したほうがいいです。時に飲食店などで採用が決まった場合、ウィッグに匂いがつき次の日も使えるような状態にはなっていないことが多数です。食べ物のにおいに、自分の頭皮のにおいが混ざるのでかなり激臭になってしまいますので。アルバイトに行った日にはお手入れを必ずするなど生活のリズムとして取り入れていかなければならない部分になってしまいます。黒髪は重たいから避けがちですが、高校生やアルバイトでどうしても黒髪にしたいけれど。そのたびにターンカラーをしていたら髪の毛が傷みすぎて大変という方には是非おススメしたいウィッグになります。この時自分の髪の毛の長さや輪郭にあったウィッグのデザインを選んでいければ更にナチュラル感がでて違和感なくバイトも学校での生活も万事無事に行えること間違いなしです

ウィッグ メンズ amazonの紹介です!!

アマゾンで人気急上昇中!?

エアリー感が特徴のメンズタイプのウィッグ!!キャラクターのコスプレに使うと、より一層感情もこもってイイですよね^^・銀魂(ぎんたま)・猿飛あやめ(さっ?…

ウィッグ メンズ 通販の紹介です!!

エアー感がよくでてますよね♪

・忘年会・新年会・宴会・舞台など使い方はいろいろで、様々な場面で使用できる点がイイですよね^^ヘアーも自由自在に変形する事ができるから髪の?…

ウィッグ メンズ おすすめの紹介です!!

ハイクオリティってこの事ですね♪

アレンジ自在でデザイン性の高いスタイルと使いやすい豊富なカラーが最大の魅力!!毛が絡まりにくくて特殊縫製により抜け毛が出にくくなってい?…

ウィッグ メンズ ロングの紹介です!!

ロングタイプも人気なんですね!!

ロングストレートウィッグは、コスプレには必須アイテムになってきてますよね♪ヘアースタイルも変幻自在だから、どんな髪型にしようか迷っちゃ?…

ウィッグ メンズ 黒髪の紹介です!!

黒髪はこうでなくっちゃ♪

コスプレウィッグ・アリスガーデンショートヘア!!サラサラ系ウィッグで最近定番となっている繊維を使用☆よりハイクオリティな製作技術はそのままにコ?…

ウィッグ メンズ 楽天の紹介です!!

楽天ランキングでも上位の・・・大きなカールで真っ直ぐなストレートの綺麗な前髪♪髪の長さもちょうどいいスタイルでアレンジを楽しみたいならこのウイッグ一つで安心ですよね^^高…

ウィッグ メンズ バイトの紹介です!!

つやつやのサラサラってイイですよね♪

つけてみると自然な黒色になって自分で長さを調節したらいい感じ^^手軽につけることができるし、髪の毛も絡まないしイイ事尽くめだね。こ?…

ウィッグ メンズ v系の紹介です!!

一度はやってみたかったV系スタイル!!ワックスやスプレーを使って自分流にアレンジも可能♪ウィッグ専用ウィッグオイルを軽く吹きかけ、空気を入れるように軽くふっくりと手で軽く?…

ウィッグ メンズ つけ方の紹介です!!

簡単につけれて軽いイメージ♪

サラサラでからまりにくいハイクオリティーなきれい色ウイッグ^^耐熱ウイッグだからこその利点で、アイロンなどで自由に形を変えられちゃう☆本格?…

ウィッグ メンズ amazonの紹介です!!

アマゾンで人気急上昇中!?

エアリー感が特徴のメンズタイプのウィッグ!!キャラクターのコスプレに使うと、より一層感情もこもってイイですよね^^・銀魂(ぎんたま)・猿飛あやめ(さっ?…

ウィッグ メンズ 通販の紹介です!!

エアー感がよくでてますよね♪

・忘年会・新年会・宴会・舞台など使い方はいろいろで、様々な場面で使用できる点がイイですよね^^ヘアーも自由自在に変形する事ができるから髪の?…

ウィッグ メンズ おすすめの紹介です!!

ハイクオリティってこの事ですね♪

アレンジ自在でデザイン性の高いスタイルと使いやすい豊富なカラーが最大の魅力!!毛が絡まりにくくて特殊縫製により抜け毛が出にくくなってい?…

ウィッグ メンズ ロングの紹介です!!

ロングタイプも人気なんですね!!

ロングストレートウィッグは、コスプレには必須アイテムになってきてますよね♪ヘアースタイルも変幻自在だから、どんな髪型にしようか迷っちゃ?…